事業紹介

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

介護老人福祉施設について

心身共に健やかな老後を送れる場を提供します。

要介護認定者に対して、施設サービス計画に基づいて、入浴、排せつ、食事等の介護、その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話を行います。

歌や踊りの慰問(写真は日本舞踊) 冬の交流会
業務の様子 業務の様子
入浴の様子 リハビリの様子

利用手続き

(1)利用相談
生活相談等が担当します。直接お越し頂くか電話でも結構です。入所申込書や診断書等、必要書類をお渡しします。

(2)書類提出
入所申込書、現在掛かられている主治医よりの診断書等を提出して頂きます。定員に空きがない場合は、お待ちいただくことになります。

(3)面接
本人とご家族に来所して頂くか、もしくはご自宅に訪問させて頂き、ご希望や本人の身体の状態等お伺い致します。

(4)連絡
資料をもとに検討させて頂き、結果をお知らせします。利用していただく場合はご家族と相談の上、利用日を決定します。

入所が決まるまで

特養ホームに入所を希望して、申込んだがなかなか入れないと聞いて心配だという方が大勢いら っしゃいます。また、申込んでも順番がどのように動いているのか分からないので、将来の計画 が立てられないという方もいらっしゃいます。 入所判定などに関しましては以下のようにさせていただいております。

申込み

  • 要介護度1以上の方で、ケアマネージャーを通して申込みます。
  • 要介護度1以上の方で、直接、希望する施設に申込みます。

入所の判定方法

  • 訪問面接の結果(身体状況・介護状況・生活状況など)を診断書に基づいて、判定会議を 実施して優先順を決めます。

待機期間について

  • 自分の順番が現在どれくらいなのか、あとどれだけ待てばいいのかについては、過去の実態 例をもとに、直接ご説明しています。

ご入所のお知らせ

  • ご入所が決定されましたら、すぐに連絡します。
    ご入所されるかどうかの確認をいたします。

利用料

原則として介護保険法にて定められている介護福祉施設サービス費の1割と、食費(1日1,380円)、居住費(多床室1日840円・従来型個室1日1,150円)、サービス提供体制加算(1日6単位、1単位=10.14円、1ヵ月189円)、介護職員処遇改善加算(基本サービス単位と各種加算単位の合算に、5.9%を乗じた単位数、1単位=10.14円)及び日常生活費が利用される方の負担となります。

多床室

要介護度

施設サービス費 自己負担分
(31日で計算)

介護職員 処遇改善加算
(31日で計算)

居住費

要介護1

17,195円

1,026円

1日840円
×31日
=26,040円

要介護2

19,301円

1,150円

要介護3

21,438円

1,276円

要介護4

23,544円

1,401円

要介護5 25,588円

1,521円

従来型個室
要介護度 施設サービス費 自己負担分
(31日で計算)
介護職員 処遇改善加算
(31日で計算)
居住費

要介護1

17,195円

1,026円

1日1,150円
×31日
=35,650円

要介護2

19,301円

1,150円

要介護3

21,438円

1,276円

要介護4

23,544円

1,401円

要介護5

25,588円

1,521円

食費

1日1,380円×31日=42,780円

サービス提供体制加算

1日6単位×31日=189円(1単位=10.14円)

日常生活費

別途かかった費用の実費を頂きます。

※1ヵ月の合計で計算した場合、小数点以下の端数処理の関係で、差異が生じる場合があります。

※利用料は平成27年8月1日現在のものです。

サービスご利用にあたっての注意事項

  • 外出・外泊される場合は必ず職員にお申し出ください。
  • 火の用心のため、タバコは決められた場所でお願いします。
  • 盗難紛失を避けるため、貴重品や多額の現金は持ち込まないでください。
  • 食物・衣服・その他の持ち込み物品は必ず職員に申し出てください。
  • 危険防止のため、ストーブ類、電熱器の持ち込みはご遠慮ください。
  • 地震・火災等、非常事態が生じた場合は、職員の誘導に従ってください。

▲ページトップ